パティスリートゥーストゥースについて

ABOUT

ABOUT PATISSERIE TOOTH TOOTH

パティスリートゥーストゥースについて

焼き菓子を「焼く」こと = 素材の美味しさを
引きだすこと
この基本的な考え方を、わたしたち TOOTH TOOTH は大切にしています。

POINT

焼き菓子に欠かせない「お砂糖」と「小麦粉」の使い方に、
私たちが大切にしている「こだわり」が詰まっています。

  • お砂糖
    じっくり時間をかけて、丁寧に熱を加えることで、" 甘さ + 旨み+ 香ばしさ " が生まれ、お菓子にとって大切な味わい深さを引き出しています。
  • 小麦粉
    小麦粉には水と熱をバランス良く与えることが大切です。水分を与えた生地の膨らみ具合やオーブンの熱量を丁寧に調整することで、独特の 食感や香ばしい風味が生まれます。
  • アーモンドパウダー
  • バターの香り
  • フルーツ

"お砂糖"と"小麦粉"を、焼き込んだお菓子は、同じような色の仕上がりになっても、 高温すぎない中温で時間をかけて焼き上げたお菓子は、フィナンシェやマドレーヌのようにやわらかく、ふんわりと。 低温でじっくり焼き上げたお菓子は、サブレのようにハードな生地でサクサクとした口あたりになり、食感や味が全く違った印象になります。

わたしたち TOOTH TOOTH では、生地の種類や性質、型の形状はもちろん、 その日の湿度や温度など、様々な状況に最もマッチさせた絶妙な焼き加減を選びながら 香りや風味など素材がもつ魅力をも惹きだせるよう、日々”こだわり”ながら、丁寧に焼き上げています。

  • 生地の種類や性質、型の形状
  • 丁寧に焼き上げていま

私はパティスリートゥーストゥースの「菓子作り」は、
文化として、これからも大切に引き継いでいけるようにしたいと考えています。

焼き菓子に大切なことは、素材とアイディアの組み合わせの表現です。
アイディアって、それぞれ自由な発想から生まれますが、
ちょっとの工夫で、まるでカレイドスコープのような、全く違う世界を見せてくれます。

お菓子に使われる多くの素材は、それぞれが個性や性質を持っていて、
表現を豊かにしたり、あるときは新しい発見をさせてくれます。
新しい素材や製品をつかったり、テクノロジーの進化に伴ってお菓子の製法もブラッシュアップしたり、
「こだわり」「大切なこと」を守りながら、これからもTOOTH TOOTHのお菓子と
お菓子を作る製法を洗練し続けていきます。

お菓子を食べるシーンには、笑顔が一緒にあります。
お菓子の香りや、美味しさが気持ちを満たしてくれる、そんな記憶を思い浮かべる人がいます。
五感に刻まれた思い出が失われないように、この文化を守ることが、
私にとってのお菓子作りのこだわりです。

PATISSERIE TOOTH TOOTH Chef 水野琢磨